就活への関心の増加で葬式のあり方も変わろうとしています

日本人にとってお葬式といえば、白と黒の幕を張って祭壇を設けて厳かに式シダを執り行うと言う流れが一般的ですが、しかし実際には宗教や宗派、文化や風習、故人や遺族の価値観や死生観などによって様々な葬式を営むことが可能です。専門の葬儀会社に相談すれば個々の希望に即した対応を行ってもらえますし、逆にこれらの希望を速やかに具現化するための手配を行うのが葬儀屋の仕事ということも可能です。

最近では高齢者の間でも自らの死後に遺された者たちに迷惑をかけないように、生前のうちに葬式の手配まで済ませておく終活と呼ばれる動きも活発化しています。これらの場合には事前のセミナーや説明会などでどのような選択肢があるのかを見極めた上で、事前に決めた葬儀屋にすべての手配や段取りを依頼しておくことによって、逝去後の慌ただしい時に遺族の手を煩わせることなく速やかに手配を完了させることが可能です。まさに葬式のあり方も伝統やしきたりに縛られるのではなく、執り行う側の要望に合わせて自由に計画することのできる時代。生前に葬式のことを考えるのは不謹慎だという考えも大きく変わりつつあるのです。