葬式と葬儀の違いについて

葬式は葬儀とも言われることがあります。葬式の中に葬儀と告別式がありますが、葬儀と告別式は以前は明確な違いがありましたが今では葬儀に告別式が含まれることも多くなっています。本来葬式と葬儀とは同じ意味で、それぞれのはっきりとした使い分けはあまり意味をもたないことも殆どなのです。
葬儀は親族や友人、知人が亡くなった人の冥福を祈り、あの世へ送るための儀式で宗教の影響が色濃くでる儀式です。仏教であればお坊さんがお経を読みます。告別式は親族や友人以外の一般会葬者も参加して亡くなった人に別れを告げる儀式です。会場の大きい葬式の告別式では一般会葬者のために葬儀場の外に焼香する場や献花をする場所を設けることもあります。葬式も多様化しており、故人の意思を尊重して葬儀と告別式は近親者のみで行なって、あらためて友人や仲間のために別れを告げる会や告別式を行なうこともあります。有名人の場合などは特にファンが大勢になる可能性が高いため告別式の会場外に焼香台や献花台を設置することもあります。