故人とのお別れの儀式。葬儀とは

葬儀とは、故人との最後のお別れをするための儀式で、旧石器時代から行われている儀式です。
国や宗教などによってさまざまな意味があるとされており、例えば、日本では悲しみの場とされていますが、他国では死者が新たな世界に旅立つ祝いの儀式として葬ることもあります。
また、宗教の概念が深く関係しており、葬られる個人が崇拝している宗教や、参列者の宗教で意味合いも変わってきますし、それによって、遺体の処理の方法や、そこまでの流れも変わってきます。
さらに、こうした精神面でのお別れだけではなく、誰が他界したのかを周囲に知らせるという意味もあります。
葬儀には、お通夜が設けられ、精神的な面での死者とのお別れをしたり、死者を悪いものから守る為の魔除けとしての意味もあります。
その為、お通夜では、1日中かが遺体の傍におり、明かりなどを絶やさぬよう灯し続け、刀など、魔除けの道具としたものを置きます。
生と死を考える場としての役割も果たしており、死とはどのような事であるのか。生きるということはどういうことであるかを感じる場でもあります。