葬儀の前の通夜に関して。

葬儀の前には通夜が行われますが、通夜は故人の宗教によって違います。神式では通夜祭・遷霊祭を同日に行います。通夜祭では、神官による降神・修祓・献饌・祭詞・誄歌・奏上等が行われます。通夜祭の後に遷霊祭が行われます。故人の魂を遺体から霊璽に遷す儀式になります。ここでは、式場の明かりを消して神官が遷霊の詞を唱え、霊璽を柩の上にかざします。これで、故人の魂が霊璽に遷ってきます。その後、神官・喪主・親族・参列者が玉串を捧げます。キリスト教のカトリックの場合には、神父と遺族により納棺が行われ、ご遺体を安置した祭壇に、遺影・十字架・ロウソク・聖水・生花等を飾ります。当該儀式の参列者が着席した後に聖歌斉唱が行われて、神父の斉唱の朗読と説教が行われて、全員でお祈りして、最後は参列者全員が献花します。プロテスタントの場合(前夜式と言う)には、柩を安置している部屋に遺族・親族・友人等一同が集まり、そこで賛美歌を斉唱します。その後、牧師による聖書の朗読・説教が行われて、全員で祈り、儀式の最後に再び賛美歌を斉唱して献花を行うという儀式になります。