葬儀は執り行う宗教や形式により、様々な式場があります

死者を弔い、死者に別れを告げるための葬儀は、式場や儀式の流れや内容が、執り行う宗教や宗派によって、様々に異なります。日本人のほとんどが行う仏教式の葬儀は、その宗派の寺で行われることがあり、キリスト教式の場合は、故人が所属していた教会で行われることがあります。日本特有の神道式の葬儀では、死は穢れであるため、神聖な場所の神社では行わず、故人の自宅や会場で行われます。昨今は、どの宗教の場合でも、一般の葬儀は、自宅よりも、公営または民間の斎場・葬儀場で執り行われることが多くなっています。また、社葬の場合は、規模が大きいことと、儀式自体が企業の業績や展望などのアピールを兼ねる意味合いから、ホテルなどで執り行われることがあります。昨今では、特定の宗教や形式にとらわれない「自由葬」や「お別れ会」と言った、自由な形の儀式も増えていますが、その場合は、お別れのセレモニーができるレストランやホテルが式場になることがあります。