投稿者「rowt」のアーカイブ

キリスト教葬儀に参列する時の注意事項

日本では仏式の葬儀がほとんどなので、キリスト教の葬儀に参加されることはほとんどないのではないでしょうか。もしもキリスト教式に参列することになった時は、ぶつ式とは異なる点が多いので注意が必要です。といっても、服装については大きな違いがないので気にかける必要はありません。
異なるのは聖歌や賛美歌を歌ったり聖書の一部を唱える場面があること、焼香はなく献花があること、お悔やみの言葉を使わないことです。
聖歌や賛美歌を歌う場面では聞いているだけでも構いません。しかし、事前に印刷物が配布されるので可能な限り周囲に合わせるようにしましょう。
献花は仏教式での焼香にあたる儀式です。自分の順番になったら祭壇に進み係の人から両手で花を受け取ります。献花台には茎の部分を祭壇側に花の部分を自分側に向けて花を静かに置きます。そして手を下で組み合わせて黙祷します。離れる時は遺族の方や神父・牧師に一礼します。
また、キリスト教では死は不幸なことではなく永遠の命の始まりであるとされています。キリスト教葬儀で遺族の方に声をかける時は、お悔やみの言葉ではなく「安らかな眠りをお祈りいたします」などの言葉を使うのが良いでしょう。