月別アーカイブ: 2016年12月

葬式は、極楽浄土へ送り出す儀式

葬式は、亡くなった方に対して、通夜、告別式、火葬、納骨を行い供養する儀式のことを言います。
キリスト教徒やイスラム教徒、以外の宗教を信仰している方もいると思いますが、日本に浸透している宗教は、大部分がお釈迦さまが開いた仏教です。
仏教では、人が亡くなれば極楽浄土に旅立ち、仏様の弟子になると言われています。葬式は、遺族や親族、友人、知人に見送られながら成仏するための神聖なものなのです。
人間は、この世に生を受けた時から、死へ向かっています。生きている以上、死ぬことは誰もが通る自然現象です。
死は、生きている人間からすれば、不吉であるとイメージされがちですが、当たり前のことですので深刻に考えずに、その時が来るまで、後悔のない生き方をするよう心がけましょう。
家族は、大切な人が亡くなったことを悲しく想う気持ちは当然ですが、故人が悔いのない人生を終えたことを感じ取れば、その後に抱く感情も晴れやかなものになるでしょう。
PR | 猫の骨壺をお探しの方はこちら