玉串奉奠の神道のお葬式である神葬祭での意味と作法

玉串とは結婚式・お葬式・地鎮祭などの神道の神事で神前にささげる紙垂を付けた榊の枝です。外の種類の枝も用いることもありますが榊が一般的です。玉串は人間と神を結ぶ神霊の依代が由来といわれています。玉串奉奠とは玉串をささげて神前で礼拝することを言います。
神道のお葬式のことを神葬祭といいますが仏式と違って焼香は行われません。参列者は玉串奉奠をして故人を弔います。一般的な作法は、神主から玉串を受け取り右手で玉串の根本を上からつかみ左手で葉先を持って玉串を供える場所に進みお辞儀をします。榊の根元が祭壇に向くように玉串を時計回りに回して指定の場所にお供えします。玉串をお供えした後、二礼二拍手一礼をしますが、拍手は音を立てないこととされています。
海洋散骨は、昭和23年に制定された墓地、埋葬等に関する法律墓埋法や死体遺棄・死体損壊罪の刑法第190条、感染症法30条などにより長い間法規上禁止と考えられて来ましたが、1991年10月5日の葬送の自由を進める会が神奈川県三浦半島沖の相模灘で行った事が契機となり、以後年々認知度や実際の葬送実例が増えています。又、純粋に自然回帰を希望する人々だけで無く、人口の都市集中や十数年続く経済不況に起因する少子高齢化、宗教観の大きな変化などにより仏教の教義に基づく墓制を否定している人々の間で希望者が増加しています。現在では、日本国内だけではなく常夏のハワイ諸島沖やグアム島沖、世界遺産のグレート・バリア・リーフなどでの海洋散骨を希望する故人も増えています。

<PR> 健康マニアによる無病ライフ / 女性向けエステ.com / マッサージのリアル口コミ.com / 住宅リフォーム総合情報 / 工務店向け集客ノウハウ / 英語上達の秘訣 / 超SEO対策 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / 英語上達の秘訣 / 内職 アルバイト / 貯蓄 / JALカード / GetMoney / クレジットカードの即日発行じゃけん / 心の童話